MENU

ユーグレナ緑汁 500円ご注文窓口

青汁よりも緑汁!

栄養素59種類の不思議なミドリムシ。

 

ミドリムシが世界を変える!!

 

ユーグレナ・ファームの緑汁

ユーグレナ・ファームの緑汁

 

通常価格:1,029円
  +
送料:500円

 

 ↓  ↓  ↓  ↓

 

特別価格:500円(税込)

 

緑汁1週間分
1包3.5g × 7包入り

 

さらに、500円のクーポン券がついて、

 

ユーグレナがもっとわかる冊子も付いています。

 

もちろん、送料無料です。

 

ユーグレナ・ファームの緑汁

ユーグレナ・ファームの緑汁 口コミ

ユーグレナ・ファームの緑汁

 

-41歳 女性-
1日分がスティックタイプで飲みやすい!

 

通常の青汁の場合、不足しがちな野菜の成分を補ってくれます。
一日に必要な量の野菜を食べ物からすべて取るのはなかなか難しいので、これだけでも十分に栄養価があるとは思いますが、やはり人間が一日に摂りたいのは野菜だけではなく、炭水化物やたんぱく質、脂肪等のすべての栄養素をバランスよく摂る事が大事だと思います。

 

そうなると野菜だけ取っていてもどうしても偏りが出てしまいます。

 

そこでユーグレナの緑汁の場合は、なんと野菜だけではなく肉や魚の栄養分もバランスよく含まれているのでこれを飲むだけでこれらが効率よく摂取できるのでとてもいいと思いました。また素材や製造工程などにも非常にこだわっているので、安心して飲む事が出来ました。

 

通常で購入するのは多少割高ですが、お試しキャンペーンがあったり、定期購入をすれば比較的安価で成分の良い緑汁が飲用できとてもお得に思いました。
なるべく食べ物からもバランスよく取れるように心がけていますが、毎日の食事のお供にこれを飲むだけで身体が調子が良くなったような気がしました。

 

周りの方にも是非この良さを伝えたいです。

 

一日分がスティックタイプになっていて簡単に水に溶けるのでとても手軽に飲用できます。
また牛乳などに入れるとさらに抹茶みたいな味でおいしく飲めました。

 


 

-35歳 女性-
子育てをきっかけに栄養素が豊富な緑汁を始めました

 

私が、緑汁を飲むようになったのは、子育てがきっかけでした。

 

やはり、母親の私が摂ったものが、子供の成長にかかわりますから。

 

でも、どんなに工夫しても普段の食事でバランス良く栄養を摂るのって難しいんです。
たくさん種類を摂ろうとすると、カロリーオーバーになってしまうし、単品だと偏る。

 

そんな中、ママ友のネットワークで知ったのが、この緑汁。
聞くと、子育てをきっかけに飲み始めたママたちが多いこと!

 

驚きました。

 

59種類以上もの栄養が摂れるユーグレナ入で、しかも、石垣島産で安心できるというのが理由のようで、私も納得。

 

私や子供だけでなく、パパの生活習慣対策にもバッチリです。

 


 

-32歳 女性-
野菜だけじゃなく魚の栄養も!

 

先月1歳の息子もついに「緑汁」デビュー!
我が家では牛乳に混ぜて飲むのが定番です。
もともとは家族の野菜不足を補うために青汁を探していたのがキッカケ。

 

でも青汁と比べると申し訳ないくらい栄養価が高くて「スゴイの見つけちゃった」とびっくり!
家族の健康の強い味方です。

 


 

-48歳 女性-
あんなに頑固だったのが、毎朝スッキリ、ツルンなです!

 

私が緑汁を飲み続けている理由は2つあります。

 

まず、1つは、59種類以上もの栄養バランス!

 

以前まで家庭科教師をしていて、枕元に栄養成分表が置いてあるくらいの健康オタクの私が、ここまで納得できたのは初めてなんです。
野菜だけじゃなく、魚の栄養まで摂れるなんて、他に見当たらないですから。

 

栄養は単独で働くのではなく、チームで働きます。

 

数種類摂っただけでは、健康を維持することはできませんから、ここまでしっかり摂れる緑汁は本当に理想的!

 

そして、2つ目がスッキリ感。
あんなに頑固だったのが、毎朝スッキリ、ツルンなんです。

 

もう、お見せできないのが残念なくらい、美しいものが・・・(笑)。

 

これは絶対いいに違いないと、すぐに定期コースに。
飲むと、その日一日が、よっしゃー。
って活力も出るのも嬉しい。

 

もう手放せません。

 


 

-69歳 男性-
10年も悩んでいたのが

 

年齢による腸内環境の変化が原因でしょうか。
ここ10年で主人が、すっかり溜まりやすくなって・・・。

 

強烈なのが、そのニオイ。

 

2LDKの我が家に脱臭機を5台も設置しても、咳込み、夜は眠れないほどで、乳酸菌やオリゴ糖など20種類以上を試しましたが、状況は変わらず・・。

 

そんな中、新聞で見つけたユーグレナの「緑汁」。
早速試すと、1ヶ月もしないうちに、どんどんスッキリしていって・・・

 

ユーグレナの「パラミロン」が余分なものを吸着してくれているからかもしれません。

 


 

-68歳 男性-
59種類の栄養素を、一気にとれる満足感!

 

私は今まで小松菜・豆乳を中心とするジュースを毎朝飲んでいました。
しかし、ユーグレナのことをネットで知り早速申し込み朝のジュース変わりにしました。

 

まだ1ヶ月ちょっとなので、それほどビックリするような変化はないのですが、味も悪くないですし、何せ単なる青汁と違い、植物と動物の両方の性質を持つ59種類の栄養素を一気にとっている、と聞かされると、体が満足していいるように思えます。

 

それがどれほどの実効果となって現れるか、楽しみにしております。

 


 

-48歳 男性-
?日ヘトヘトでやせる一方だったのが!

 

休みの日は子どもとの時間を過ごしたいと思っていたのに、かなりの肉体労働だったこともあり?日ヘトヘトに・・・。
しかも体重まで落ち、やせていく一方で・・・。

 

それを心配した妻が見つけてきてくれたのが、この緑汁なんです。
?日欠かさず摂り続けたおかげで、すっかり疲れにくくなりました。

 

仕事も子供たちの時間も、元気に過ごせる源ですね。

 


 

-40代 女性-
魚やお肉の栄養も摂れるなんてビックリ!!

 

栄養管理の大切さを痛切に感じていたとき出会いました。
植物性と動物性の栄養素が摂れるなんて、本当に驚きです。

 

-71歳 男性-
おかげで71歳の今も元気です。

 

食が細くなってきたので、これを飲むと安心できます!
今でも仕事はバリバリ!
孫たちを含め、家族みんなで飲んでいます!

 

-50代 女性-
栄養の多さにびっくり!

 

青汁と比べると申し訳ないくらいの栄養素の多さにびっくり!
すごいのを見つけちゃった!という感じです。
すちの家族の健康は「緑汁」が守ってくれています。

 

-50代 女性-
コップに一滴も残さないように毎日飲んでいます

 

以前は、あれもこれも栄養を摂らなきゃっていう感じだったのが、ユーグレナのお陰でそういうストレスがなくなりましたね。
緑汁一杯飲んでいるから私は大丈夫!

 

っていう安心感が違います。

 

-50代 女性-
抹茶のように、まろやかでおいしい!

 

青汁を探していたのですが、すごいのを見つけちゃった!
という感じです。

 

「緑汁」は飲みやすさが違いますね!
そのままでもおいしいですが、牛乳に混ぜると子供たちも大喜びです!

 

-50代 女性-
元気が湧いて頑張れるから、母の介護もラクラク!

 

90歳になる母の介護と茶道の市販の両立に限界・・・。
でも、緑汁を飲むと元気がわいてきて、頑張れます!

 

-42歳 女性-
朝からスッキリした気分。少しずつ実感。

 

40代になってから、何かが足りないな・・・と思っていました。
サンプル品から1箱目を終えたところですが、少しずつ実感しています。
今では物足りない幹事もなくなったように思います。

 

色々あるサプリメントを使用せずとも、私には緑汁で十分だなと・・・。

 

 

-46歳 男性-
お酒と脂っこいものが好きな私にピッタリ!

 

?日のように一緒に飲みに行く同僚からすすめられました。
私はお酒と油ものが大好きなので、栄養がかたよると妻によく叱られていましたが、緑汁を飲み始めてからは妻も安心しているようです。

 

-74歳 女性-
74歳の動きに見られません。

 

身体には人一倍気を使ってきました。
中でも、一番長く続けているのがこのユーグレナ。
おかげであんまりキビキビしているから、つい最近本当に74歳?って驚かれたほどなんですよ!

 

 

ユーグレナ・ファームの緑汁

 

※個人の感想です。
※効果を保証するものではありません。

ユーグレナ・ファームの緑汁が注目される3つのポイント

59種類の栄養素!

 

野菜だけでなく魚の栄養素も不足している現代人にとって、ユーグレナはまさに栄養補給の救世主です。
植物と動物の特性を併せ持つユーグレナには、野菜のビタミン、ミネラル、魚の不飽和脂肪酸、肉や大豆のアミノ酸など、合計で59種類もの天然栄養素が含まれいる。

 

つまり、健康を支える栄養素が一度にバランス良く、摂取出来ます。

 

栄養の偏りが気になる人、野菜不足に悩む人には、頼れる存在です。

 

93%の栄養消化率

 

実は、野菜には植物特有の「細胞壁」という壁があるため、そのまま食べても栄養が効率良く消化出来ない。

 

それに対し、ユーグレナはこの「細胞壁」を持っていないため、極めて高い消化率を誇ります。

 

その栄養消化率は、脅威の93.1%。

 

59種類もの栄養を、他の食材に比べ、効率良く消化することができます。

 

スッキリ成分「パラミロン」

 

ユーグレナは豊富な栄養を摂れるだけではありません。
パラミロンという珍しい成分が含まれており、そのスポンジ状の構造により、食物繊維同様に不要な物質を吸着する働きもあります。

 

「緑汁」は豊富な栄養が効率的に摂取できるうえ、余分なものを溜めない身体をサポートする一石二鳥の働きを持つ、現代人にとっては嬉しい健康食品です。

 

 

ユーグレナ・ファームの緑汁

 

ユーグレナに含まれる59種の栄養素

 

◯ビタミン類14種類
α-カロテン、β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2
ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD
ビタミンE、ビタミンK1、ナイアシン、パントテン酸
ビオチン、葉酸

 

◯ミネラル9種類
マンガン、銅、鉄、亜鉛、カルシウム
マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウム

 

◯必須アミノ酸を含むアミノ酸18種類
バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン
リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン
スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン
ヒスチジン、チロシン、トリプトファン、グリシン
セリン、シスチン

 

◯EPA等の不飽和脂肪酸11種類
DHA、EPA、バルミトレイン酸
オレイン酸、リノール酸、リノレン酸
エイコサジエン酸、アラキドン酸
ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸
ジホモv-リノレン酸

 

◯元気成分7種類
パラミロン、クロロフィル、ルテイン
ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン
プトレッシン

 

※ユーグレナグラシリス100gあたり

 

 

東京大学内の研究ラボで誕生!

世界初の技術で生まれた新・健康飲料

 

ユーグレナのサプリメントは、当時まだ学生だった出雲充社長の「世界の食料問題を解決したい」という想いから生まれました。
2005年、世界で初めて食用ユーグレナの屋外大量栽培技術の開発に成功。

 

株式会社ユーグレナの本店・研究所は当初、東京大学内にあり、国内の各大学との産学連携により、多岐にわたる研究・開発が続けられています。

 

沖縄県石垣島の豊かな自然の中、安心に配慮して生産

 

石垣島

 

まばゆい太陽、ミネラル豊富な水、澄んだ空気・・・

 

ユーグレナは自然環境が豊かな石垣島で育てられています。
徹底した品質管理体制のもと、洗浄、分離、濃縮され、最後に乾燥して粉末に加工。
より安心に配慮してつくられたユーグレナを届けるため、東京大学内の研究所でも定期的に厳しい検査を行うなど、妥協のない安全管理体制を敷いています。

 

ユーグレナ・ファームの緑汁

すべてはバングラデシュから始まった!?

バングラデシュ人

 

野菜・魚・肉の栄養素が一つに。

 

知っていますか?
バングラデシュのお米の消費量は、実は、日本の約3倍です。
それにも関わらず、子供たちの多くが栄養失調になってしまうのは、栄養のバランスに問題があるからと言われています。

 

この実態を目の当たりにして、衝撃を受けた一人の青年の「世界の栄養問題を解決したい」「人の健康を支えたい」という想い。

 

この想いが原動力となり、野菜・魚・肉の栄養素を併せ持つ画期的な食材「ユーグレナ」との出会いへとつながり、不可能とされていたユーグレナの大量生産を実現させることになります。

 

きっかけはバングラデシュで出会った小友達。

その深刻な栄養事情とは・・・

 

すべての始まりは、ユーグレナ社を創業した出雲充社長が東京大学在籍中に訪れたバングラデシュでした。
訪問する前は、多くの子供たちがお腹を空かせている光景をイメージしていたと言います。

 

「1998年当時、世界の最貧国の一つに数えられていたのですが、実際に目にした光景は全く違うものでした。

 

貧困層の人でも、お米は十分に足りていて空腹で困っている人はほとんどいなかった。
現地の方に聞くと、食事の内容は、具の入っていないカレーとお米が中心で、肉や魚、乳製品・野菜・果物の栄養が摂れないことから、栄養失調になる子供が多くいました。

 

栄養バランスこそが問題であると、気付きました。」

 

(出雲社長のインタビュー記事)

 

栄養失調になっている子どもたちを目の当たりにし、帰国後

 

「何とかこの問題を解決したい」

 

という想いから、バランスに優れた栄養源を探し求めました。

 

ようやく辿りついた画期的な食材「ユーグレナ」

 

ミドリムシユーグレナ

 

バングラデシュの栄養失調をはじめ、世界の栄養問題を救える栄養源がどこかにないか。
その想いはひとつの食材との出会いへと実現します。

 

現在、ユーグレナの研究開発を務める大学の後輩から紹介されたものがあります。

 

それが、「ユーグレナ」です。

 

ユーグレナは、ワカメや昆布の仲間で、植物と動物の特性を併せ持つめずらしい食材です。
野菜だけでなく、魚や肉の栄養素59種類が幅広く含まれることで世界中の学者が注目してきました。

 

しかし、その栄養バランスの良さから、自然界のさまざまな生物に食べられてしまうため、大量生産が極めて難しいとされてきました。

 

そんな中、複数の大学の研究者たちの強力を得て、世界で誰も成功していない生産技術の確率に挑み続けた結果、2005年12月、ついに沖縄県石垣島で食用ユーグレナの野外大量生産に成功しました。

 

「誰もが栄養をバランスよく摂れる社会をつくりたい」
(出雲氏)

 

そのための大きな一歩を踏み出しました。

 

バングラデシュへ、日本へ、そして世界へ

 

栄養バランスの問題は、バングラデシュだけが抱えるものではありません。

 

「私達、日本人のほとんどは、食べ物には事欠かないですし、食事のある生活が当たり前です。
ただ、栄養が偏っていたり、好き嫌いの多い人が増えていたり、栄養バランスがどんどん崩れてきているのを感じます。」

 

(出雲氏、インタビュー記事)

 

このような現代の状況はきっと打開できる・・・
未来を見据えながら出雲氏は語ります。

 

「野菜・魚・肉の栄養素がバランスよく摂れるユーグレナなことを、日本の方にもっと知って欲しい。
日本人の食生活の頼もしい味方になると、信じています。」(出雲氏)

 

栄養バランスに優れたユーグレナが、バングラデシュだけではなく、日本の、そして世界の栄養問題を解決し、健康を支える未来はそう遠くないかもしれない。

 

ユーグレナGENKIプログラム

 

ユーグレナ社の創業の目的は、この星から栄養問題をなくすこと。
その夢実現への第一歩として、ユーグレナ社は「ユーグレナGENKIプロジグラム」を通じ、バングラディシュの小学校に給食としてユーグレナクッキーを配布しています。

 

これまでにすでに150万食を超える数を届け、栄養失調に苦しむ子どもたちのサポートをしています。

 

<ユーグレナGENKIプログラムとは>
ユーグレナの対象商品を1つ買う事に、ユーグレナクッキー1食分が、バングラディシュの子供たちへ届くというプログラムです。

 

ミドリムシが世界を変える!!

更新履歴